PEPELOG

PEPELOG

旅とアウトドア好きのブログ

タスマニア島ってどんな所?

 

ブログ書くのサボってました。。

もっとちゃんとやらないとなーって思ってるPEPEです

 

自分では意識しているつもりが継続するのが難しい。

 

ブロガーやユーチューバーもほんと尊敬します

 

そんな訳でお久しぶりのブログになりましたが

これからタスマニアの事について書いていこうと思います

 

言ったからには絶対にやります。。

 

現在、僕が滞在しているのはタスマニア島という場所です

 

f:id:shimpei28:20171005124938j:plain

 

ほとんどの方がタスマニアってどこ?

名前はなんとなく聞いた事あるんだけど。。

 

みたいな感じになると思います。

 

僕自身も実際はそこまで知らなかったです

自然が豊かな島でパーマカルチャー発祥の地くらいです

そのくらい日本人にとって情報が少ない場所なんです

外国の方には非常に有名で数多くの旅人が訪れるほどなんですけど

 

そんなタスマニアを僕なりにまとめてみたので

皆さんとシャアしたいと思います

 

それではLet`s go!!

 

タスマニア島の場所

 

まずはタスマニア島の場所ですね。

 

タスマニアはオーストラリアの6つある州の一つで

メインランド(本島)の南に位置している島です。

 

f:id:shimpei28:20170922223435p:plain

 

分かりますか?

ビクトリアの丁度下にある小さな島です。

 

タスマニア島の全体を見てみましょう

 

f:id:shimpei28:20171005125530j:plain

 

これがタスマニア島ですね。

 

地図の一番下をよーく見てもらうとsouth end cape

とありますがこちらがオーストラリアの最南端になります。

 

 

タスマニアの人口と面積

 

現在タスマニアには約52万人の方が暮らしています。

 

主に大きい都市が2つホバートとロンセストンです

ホバートには約20万人

ロンセストンには約10万人住んでいます

 

タスマニアの面積は北海道の8割ほどあるそうです

 

ちなみに皆さんは北海道についてどのような印象が

ありますか?

大自然で牧場が広がり人も少なくのんびりと

した良い場所っていう印象が僕にはあります。

 その他にもっとありますが割愛させてもらいます

 

ですがタスマニア島は北海道以上にこの印象を

植えつけられました。

 

その理由の一つが人口ですね。

 

タスマニアの人口が52万人に対して

北海道は約550万人ほどいるそうです。

ざっと10倍。。。

 

暮らしていても思いますがデータとして

見ると改めて人が少ないんだなと思います。

タスマニアの壮大さが伺えます

街から車で30分走ればまじで自然だけです。

 

タスマニアの気候

 

南極に近い事からめちゃくちゃ寒いの?

みたいなイメージがありますが実際はそうでもないです。

 

緯度的には北海道と同じ位置にありますが

海洋性の温帯に属するために過ごしやすいです。

 

冬の最高気温は10〜12度と寒すぎず

街に雪が積もることもまずありません。

夏も最高気温は22〜24度と暑すぎず

とても過ごしやすいです。

 

もちろん高山地域では雪が積もり

スキーなどが楽しめる場所もあります

 

ただし一日の中に四季があると言われているので

日中は半袖でも夜はパーカーを羽織ることなんかも

よくあります。

 

南半球なので日本とは季節が逆ですね。

 

タスマニアの場合は12月後半〜2月までが夏に

あたりベストシーズンといえます。

日照時間も長く12月の現在は午後9時30分に

完全に暗くなります。

 

遊びに忙しくて寝る暇がないです

 

タスマニア島の見所は?

 

タスマニアの見所といえばズバリ大自然です。

 

海に山に壮大な自然の宝庫です

 

手つかずの大自然が残っているエリアが多く

数多くの国立公園と世界遺産エリアがあります。

 

文字だけではつまらないので少し僕が撮った写真と共に

ご紹介します。

 

タスマニアの山々

 

首都ホバートから車で30分ほどで行くことの

出来るウェリントン山です。

 f:id:shimpei28:20171219212022j:plain

 

頂上で夕暮れ時を楽しむのもあり

 

f:id:shimpei28:20171005125033j:plain

 

世界遺産クレイドルマウンテン

 

f:id:shimpei28:20171219212144j:plain 

 

世界中のハイカーが憧れる

オーバーランドトラックの入り口。

 

f:id:shimpei28:20171219212428j:plain 

 

美しいビーチ

 

あまりタスマニアには海っていうイメージがなかったん

だけどビックリするくらい綺麗なビーチがあります。

 

個人的にはオーストラリアでもトップくらすです

 

 f:id:shimpei28:20171219212535j:plain

 

どこのビーチも人はほとんどいないので

常に貸切状態で楽しめます。

 

f:id:shimpei28:20171219212644j:plain

 

ほんと天国みたい。

タスマニアでのアウトドア

 

自然が豊富ってことはもちろん

アウトドアが盛んな場所でもあります。

 

僕自身アウトドアをする為にタスマニアに来たと言っても

過言ではないのでこの環境はありがたいです。

 

ここでは全てのアウトドアをする環境が

あると思います。

 

カヤック

 

僕の大好きなカヤック

この川は街の中心部から10分ほどの場所にあるので

いつもここで息をのむほど美しい瞬間をカヤックで楽しんでます。

 

f:id:shimpei28:20171219212727j:plain

 

トレッキング

 

タスマニアには至る所に歩きコースがああります

 

f:id:shimpei28:20171219195837j:plain

 

こちらは60 Great short walksといっていわゆる

トレッキングコースです。

 

中には1〜2時間のコースももあれば

ガッツリ6〜8時間のコースもあり初中上級全ての

ハイカーが楽しめることができます。

 

ちなみにこの画像は32番のコースです。

 f:id:shimpei28:20171219212812j:plain

 

サーフィン

 

タスマニアはサーフィンの隠れスポット

首都ホバートから車で1時間圏内にポイントがあり

多くの人が楽しんでます。

 

f:id:shimpei28:20171219200416j:plain

 

水温は高くて18度くらいなので海パンサーフは

まず不可能ですが比較的常に波はあります。

 

マウンテンバイク

 

ツアーもあるほど大人気なスポーツです。

首都ホバートから近いウェリントン山に専用の

ロードが幾つかあり多くの人が楽しんでます

 


The Tassie MTB Road Trip: Hobart

 

人々が生活している場所の近くにこんな良い

フィールドがあるなんて素晴らしい。

 

ロッククライミング

 

こちらも非常にタスマニアでは有名で沢山の

フィールドがあります。

 


Climbing and highlining the Totempole HD

 

 

まとめ

 

まだまだお伝えしたい事や見せたい写真などは

ありますが全て出すとネタがなくなってしまうので

今回はこのくらいで、、

 

タスマニアどうでしたか?

 

自然が豊富でアウトドアが盛んな場所なので

海外のバックパッカーからは世界中を旅して最後に

訪れる事から旅人の聖地と呼ばれてたりするそうです。

僕もそう呼ばれるだけはあるなと感じていますので

タスマニアに訪れたら楽しめるはずです。

 

これからタスマニアの事を詳しく書いていくので

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っことでタスマニアに来ました。

 

常夏で南国感溢れるケアンズとは真逆のタスマニアに滞在中の

PEPEでございます。

 

バナナファームが終わりようやく本当のオーストラリア生活が

始まったところです。

 

ここ最近はずっとこれからのことについて深く考えていたので

なんかムシャクシャする日の連続でした。

 

とゆうのも本来オーストラリアに来た目的というのが語学の上達と

ダイビングのお仕事をする事でした。

ですが実際にケアンズに2週間滞在し潜りに行ったり会社の方と

お話をさせてもらったりしましたが、

 

う〜ん、イマイチ。。。

 

って感じてしまったんです。そもそもキラキラ感の満載リゾート地が

好きではないですし人が多い場所はちょっと嫌でした。

そもそもダイビングをやろうって決めたのもオーストラリアに来て

パッと自分が勝負できるものがダイビングくらいしかなかっかたので

やろうと思いました。でも違ったんだよなぁ。。

 

一番の理由が海にあります。

もともと期待はしていなかったけど予想以上に期待はずれでした

名前だけなら聞いた事あるかな?

グレートバリアリーフっていう超巨大なサンゴ礁

宇宙からでも観れるほど巨大なサンゴ礁は数多くの生物などが住みか

していて世界遺産にも指定された場所です。

響きはとってもいいけど実際は全然ダメでした。

普通の方からしたら綺麗でとても良いところだとは思うけど

僕は小笠原の海を知っているのでどうしても感動出来なかったです。

サンゴのほとんどが死んでいるし魚もろくに住んでいないし、

透明度もよくない。おまけに超でかい船で毎日のように人間を

ゴミのように海まで運んでいて客のレベルも7割素人で平気で

サンゴ触ってぶっ壊している。こんだけ観光地化してたらこうなるはって

思いました。潜るポイントもわざわざダイビングする必要ないだろって

かんじのところ。そもそもスノーケルと同じポイントってどーゆう事?って

思いました。

 

人が訪れていない場所はとっても綺麗だと思いますが。

 

まぁ、こんな所で批評を書いても仕方がないですがそのくらい

自分には合わなかったってことです。

 

ってわけでタスマニアに来ました。

 

次はなぜタスマニアに来たのかを書きます。

 

以上。ば〜い

 

ワーホリ行く為の初期費用は⁉︎

 

f:id:shimpei28:20170825174011j:image

  

何もする事がないってある意味地獄

 

ケアンズが暇すぎて仙人モードに入りつつあるPEPEです。

 

今回はオーストラリアにワーホリするにあたって実際に僕がかかった初期費用を公開しようかなと思います。

 

ワーホリ行ってみたいけどお金がどれだけ必要なんだろう。。。

 

最低いくら持ってれば大丈夫なんだろう。。

 

って思ってるそこの君にぴったりな記事になると思います。

 

良かったら参考にしてみてください。

 

嘘なしの現実をお見せしましょう。

 

実際にかかった初期費用

 

まずワーホリをするにあたって必ず

揃えなきゃいけないモノが3つあります

 

①ワーホリビザの申請代金

 

まずはこちらのVISAを取得しない限りワーホリをする事は出来ません。

まず始めにこのVISAを取得してからが

スタートです。

 

取得方法も簡単で20分程度で終わりその日にVISAが降りるのがほとんどだと思います。ネットに非常に分かりやすく

取得方法が書いてあるサイトがあるので

参考にしてみるといいと思います。

www.myfirststep.com.au

 

ちなみに申請代金は440$でした。

 

1$を87円で計算すると38280円です

 

②オーストラリアの航空券

 

VISA持っててもチケットがなけりゃ

まぁ意味がないですよね。

 

これは利用する航空会社にもよりますが

僕が利用したのはジェットスターという

格安航空LCCなので比較的安かったです。

 

成田からオーストラリアのケアンズまで

片道で27000円でした(預け荷物の代金も含む)ただ事前に早く予約していれば最安18000円でチケットが取れるので時期と早めに予約する事が大事ですね。

 

日本人の留学先に人気なゴールドコーストシドニーなどは+5000〜10000円くらい高くなると思います。出発日の半年くらい前から値段はチェックするべきですね!

 

 

③海外保険

 

これは必要不可欠かと言われるとそうではないですね。実際に保険に入らずに来ている方もいますが多くはありません。

 

ほとんどの人が加入してオーストラリアに来ています。僕の意見としては怪我する心配がなくても加入するべきだと思います。もしもの時の事を考えましょう。

 

でも日本の海外保険はクソ高いのが現実です。1年間で15〜20万円するのが一般的でほとんどの人が高い金額を払い保険に加入してオーストラリアに来てます。

 

まぁ僕は1年間で20万円はアホくさと思ってたので安いのはないかと死ぬ気で探し見つけたのがコチラ。

 

ユニケア

 

詳しくはこちらをどうぞ

総合保険ユニケア(医療・旅行)-海外留学保険|ジャパンセンターオーストラリア

 

こちらはニュージーランドの保険会社

日本の会社ではないのでクレームの際など少し面倒ですが値段が圧倒的に安いです。

 

僕は1年間で約75000円で保険に加入することが出来ました。

 

怪我の心配はなくとにかく安さを求めている人にオススメです。

 

この3つをそろえばOK!?

 

とりあえず上記に書いた3つをそろえば

ワーホリでオーストラリアに行くことは可能だと思います

 

・VISA申請が約38000円

・片道代金が約27000円

・海外保険が約75000円

 

僕の場合だと合計約140000円でワーホリでオーストラリアに行くことが可能でした。

 

選ぶ保険会社や渡航先にもよりますが、

これが1番の最安金額とみても大丈夫です。

 

ただ実際にはオーストラリアでの生活費やその他でお金がかかってくるので、

 

もう少し詳しく書きますね。

 

その他の費用

 

①オーストラリアでの生活費

 

僕はオーストラリアに日本円で20万円ほど持って行きました。

 

これは人それぞれですが僕の考えとしては20万円くらいはあった方がいいと思います。

 

いや、俺は金なくても生きていけるっていう強者でも最低でも10万円くらいは必須だと思いますよ。

 

僕はオーストラリアに着いた2日後にはVISAの為に仕事を求めファームジョブがある街に行き運がスーパー良かったので1週間ちょっとで仕事をゲットしました。

 

僕が働いていたバナナファームは時給22$でそこそこ稼げるので世界中のバックパッカーが仕事を求め来てます。

 

なので仕事をゲットする為に1ヶ月待つのは普通で長くて約2ヶ月も待った人もいるそうです。。。

 

当然日本人の体格や語学力だと得られる情報やチャンスは少ないので尚更です。

 

日本人コミュニティーに加われば

話は別ですが。。

 

その間にも宿に泊まりご飯を食べ生活費は必ずかかるので気持ち的にも安定した金額が必要です。

 

またオーストラリアについて少しバカンスしたりする人は尚更必要ですね 。

 

オーストラリアはそこまで甘くないのできっちりお金は準備することをオススメします。

 

お金なくて日本帰るなんてクソださい

事はやめましょう!

 

②衣服

 

オーストラリアで生活する為に衣類を少し購入しました。

パンツや靴下など1500円ほどです。

 

以上が僕のかかった初期費用です。

 

まとめ

 

僕の場合は初期費用で合計約34万円

 ほどかかりましたね。

 

これは結構安いほうだと思います。

 

もっと安くする事も可能ですが、

僕はそこまでリスキーな事はしたくなかったのでお金を貯めていきました。

 

何故か分からないですが大抵の日本人の方は初めの3ヶ月間は英語に慣れたりオーストラリアの生活に慣れる為に語学学校に通ってるのでそうする場合は別途で最低20万円〜30万円くらいは授業料や入学金でかかると思います。

またエージェントを通して学校を決めたり携帯の登録や銀行口座の開設をしたら余計にかかるので全部自分でやりましょう。

 

また英語も日本で勉強しておけば語学学校に通わなくてもオーストラリアで外人と一緒に働けます。

求めるレベルによりますが英会話ではなく英語を学びにくる方は当然現地の大学に入るべきでしょう。

 

僕はあくまでアウトドアガイドをする際にお客さん相手に話す英会話レベルの習得を目指しているので高額な学費を払って英語を学ぶよりか、

 

日々の生活で学ぶ英会話の方がお金と時間的にもベストです。

 

お金と時間があるのなら語学学校に行きたいけど。。

 

僕もペラペラではないですが最初に働いてたバナナファームで日本人が僕だけでも何とかなりました。

f:id:shimpei28:20170825172925j:image

 

後ろの帽子を被ってる2人にかなりに

助けられましたが(笑)

 

2つ目のファームも7割がオージーと

ヨーロピアンで日本人が僕含めて2人でしたので毎日が英語の授業みたいでした

 

f:id:shimpei28:20170825173337j:image

フィリピン人だけど10年以上住んでてローカルのジョシュ。

 

お互いラップ好きだから母国語と英語を

組み合わせて仕事中にフリースタイルを

毎日してた。

 

バナナファームが僕の語学学校ですね。

 

語学学校を否定してる訳ではないですが、

 中途半端な気持ちでとりあえず始めの数ヶ月は留学って人は簡単にアジア人コミニュティにハマりやすいので明確な目標と強い意志を持ってきましょう。

 

やる気と根性があれば英語はどこでも学べます

 

英語をしっかり学びたいって方はかなり

の金額がかかると思うので僕もよく分かりませんが100万円くらいは必須でしょう

 

僕みたいな感じの方は上記に書いてある事を参考にしてみてください。

 

それではシーユーレイター。

 

 

shim28.hatenablog.com

 

 

 

4ヶ月で100万円以上!?バナナファームで稼いだ金額を大公開

 

こんにちは〜

オレンジを毎日2個食べてるPEPEです。

 

つい先日クソバナナファームでの

仕事が終わりました

 

実労働日数は88日です

 

いや〜始めた当初はクソしんどかったですよ

夜の10時前には寝て朝5時15分に起きる

日々を過ごし何にもない田舎街で

何の変哲のない毎日を過ごす。

 

僕は2ndビザが目的だったのでお金とかは

どうでもよくVISAの為だけに働いてました

 

お金だったり特にオーストラリアで

やりたい事がない人にはタリーという街のバナナファームはオススメですよ。

 

来たからといって必ず仕事が手に入るとは限りませんが。。

 

個人的には仕事も楽しかったですし

関わった友達にも恵まれたと思います。

ただ目的を持ってオーストラリアに来ていたのでやりたい事が出来ない事に関して不満がありました。

 

僕はいくらお金が貯まってもVISA目的以外では決して働かないですね(笑)

 

仕事はハンピングといって40〜70キロくらいのバナナを永遠と担ぐ仕事でしたが実際体力的には特に問題はなかったです

 

むしろ日々の退屈な生活によるダメージが精神に蓄積されました笑

 

ってゆうことで色々な心情を抱え込みながら頑張って88日間働きゲットした

バナナマネーはいくらなのか公開したいと思います。

 

どうぞ。

 

これが実際の給料明細

 

 

f:id:shimpei28:20170805195742j:plain

なんとなく分かりますか?

少し補足しますとTOTAL PAYが手取りになります。

 

その他でいうとTAXが税金です。

15%が給料から引かれます

 

140$も引かれてる。。。

 

UNITSは実際に働いた時間です。

こちらは基本的に週38時間

 

RATEは時給になります。

さすがオーストラリア22$も貰えます

(1$88円換算だと1936円) 

 

この給料明細を見ていただくとRATE33.74$

とありますがこれは残業代です。

 

毎週金曜日はハーフデイって言って半日(5時間労働)で終わるのですが

まあほぼ毎週15時くらいまで働きます。

 

(冬場はハーフデイ多めです)

 

しっかりした会社なので少しでも残業が発生しますと

時給×1.5倍のお金が貰えます。

 

確かオーストラリアの法律だった気がします。

ちなみに休日に働くとダブルペイ給料2倍です

 

つまり残業すれば1時間で約3000円もらえます

日本だったら夜のお仕事以外こんなに貰えるのは

なかなかないですよね。

 

さっ、上記のことを踏まえて給料を

日本円計算していきましょう

 

まずは現在のレートは1$約88円ですね。

 

f:id:shimpei28:20170805201636p:plain

 

TOTAL PAYが791$なのでこれに88をかけると、

1$(88円)×791=69608円になります。

 

日によって多少変動はありますが基本的に

84〜90$の間です。

 

一週間の手取りは約7万円ってゆうことになります。

 

19週間働いたので掛け算すればいくら稼いだか分かるのですが

そう甘くはありません。

 

いくら常夏のクイーンズランドでも今は冬なのでバナナが取れず

仕事が減らされたりすることがあったり、

会社によっても少しお金の面が変わってきます。

 

実際僕は2つのファームで働きました。

 

1つ目の会社では約1ヶ月働きました。

バナナの不作などが原因でクビになってしまいました

 

その時に稼いだ金額はこちらです。

(1$88円計算です) 

 

4/1~4/7      409$(35992円)

4/8~4/14    707$(62216円)

4/15~4/21  707$(62216円)

4/22~4/28  707$(62216円)

 

合計金額は222820円です

 

こちらのファームは従業員が9人しかいない小さなファーム

でしたので給料も常に一律でした。

 

残業は一回もなく小さな会社なので仕事自体もとてもゆるく

1日7時間も働いていないですが毎週必ず週38時間計算で給料が貰えます。

 

こちらがペイスリップ

f:id:shimpei28:20170805205233j:plain

 

 

その日のボスの機嫌によって早めに仕事切り上げて終わるまで座っていたり

話したり寝たりなど自由な感じでした。

 

2つの目のファームは

オーストラリアの大手企業マッカイとゆう

会社で5/4~8/11日まで働かさせてもらいました

 

マッカイでの給料がこちら。

 

1週目  736$

2週目  766$

3週目  731$

4週目  728$

5週目  703$

6週目  499$ 

7週目  684$

8週目  700$

9週目  703$

10週目 785$

11週目 791$

12週目 791$

13週目 631$

14週目 784$

15週目 156$

 

合計10032$(日本円に換算すると882816円)

 

基本的に週5です。

ただ風邪を引いたりして休んだことがあったので

その週は給料がが少ないです。

 

例えば6週目は風邪で1日休み。

13週目は年に一度の地元の祭りで1日お休み

 

ですがさすが大手マッカイです。

バナナが少ないこの時期にも関わらず仕事は毎日あったため安定して

働くことが出来ました。

 

15週目に関していえば、

ここのファームは給料が木曜締めなので

僕が辞めたのは金曜日なのでわずか

1日分です。

 

バナナの街タリーにある幾つものファームの中で

1日も休みにならなかったのは僕が働いていたマッカイの

一番大きいボリンダとゆうファームくらいでした。

 

ここのハンピングクルーで働けたら

かなり運がいいですよ!

 

他のファームのハンピングクルーより

何倍も緩いです(笑)

常に仕事中おしゃべりばっかなので英語の

勉強にもってこいです。

 

 

まとめ

 

それじゃ最後に合計いくら稼いだのか計算します

 

1つ目のファーム 222820円

2つ目のファーム 882816円

 

合計は1105636円です。

 

4ヶ月(88日)働き手取りでこれだけ

貰えたら文句はないです。

 

そもそもセカンドビザ目的だったので

ここまで貰えるのは有り難いです。

それに英語を勉強しながらお金も貰えるって

最高ですね。

 

f:id:shimpei28:20170810175738p:plain

オーストラリアに来て約5ヶ月になりますが

家賃や食費や遊びにかかった費用を差し引いても

10050$(約88万円)手元に残ってます。

 

ただし最初の1ヶ月間はオーストラリアの

銀行にお金が入っていないので家賃や食費を

日本のクレジットで払っていたので(約6万)

その分AUSの銀行に貯まりました。

 

僕はお酒やタバコは吸わないですが

好きなものは我慢せず食べていたので

食費が結構かかりましたね。。

 

お金目当てで節約していたならもうちょい

出費を抑えられたと思います。

 

実際に稼げるファームは探せばもっとありますが

労働環境や英語環境やお金の面でこんなに

優れているファームジョブはないと思います。

 

だから世界中からバックパッカーが仕事を

求めてくるので仕事を獲得するのは大変ですが

来てみる価値はあります!

 

日本でも同じように稼げる仕事はありますが

出費が圧倒的に少ないと思いました。

 

WiFi付きの一軒家に住んでも週に100$

比較的に部屋も広く生活するのに必要な

ものは全て揃ってます。

 

物価が高くても工夫すれば全然抑えられます。

 

英語も学びながらお金も貰えるって思ったら

無敵です。

 

それでは手元にある88万円をカジノで5倍の

400万円にかえてきます。

 

シーユー。 

 

 

 

 

 

 

オーストラリア生活の始まりの巻

 

現在オーストラリアのタリーという街に滞在中のPEPEです。

 

ワーホリビザで3月22日にオーストラリアに来ました。

 

色んな国籍の方と青い空の下で汗流しながら

バナナの木を切り倒してます。

 

とゆうことでワーホリのことをメインにブログを

書いていこうと思います。

 

少しでも誰かの為になればいいかなと思います。

 

今回はオーストラリア第一弾なので少し自分のことを。。。

 

なぜワーホリでオーストラリアへ??

 

僕がワーホリでオーストラリアに来た目的は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は英語の上達

これは誰もが思い描いていることではないのでしょうか。

1〜2年海外にいれば話せるようになると期待を膨らませて。。

 

僕もそんな思いをもって渡豪しましたが現実は大変です。

20年間日本語を使って生きて来た人間ですからそう簡単に英語も

うまくいきません。

 

毎日ひたすら英語を喋るしかありませんね。

 

2つ目はダイビング

僕はPADIのスキューバダイビングインストラクターの資格を持っているので

世界中の人が潜りに来るオーストラリアのGBRで仕事がしたいと考えてます。

 

多国籍のお客さんを相手にダイビングのお仕事ができたら最高です。

その為にはセカンドビザと英語力が必要なので頑張らないとですね。

 

ってな感じでオーストラリアにきた目的はざっとこんな感じです。

目標が決まっているので動きやすくすぐ行動にうつせます

 

とりあえず2年間無駄にしないよう頑張ります。

 

今日はここまで。

 

アディオス。

 

ニュージーランドを旅して気に入った場所5選

 

大自然の宝庫と呼ばれるニュージーランド

 

そんなニュージーランドを旅した僕が実際に旅して

写真に撮った絶景をご紹介したいと思います。

 

どうぞ。

 

 

Huntly  Waikato River

f:id:shimpei28:20170309225523j:plain

 

北島にあるニュージーランドの玄関口オークランドから

南に100キロほど進んだ田舎町。

 

広大な空の下で緑の美しい風景が広がっている

ニュージーランドらしい絶景だ

 

Mount Tongariro

 

f:id:shimpei28:20170309230907j:plain

f:id:shimpei28:20170309231657j:plain

トンガリロ国立公園。

世界遺産にも登録されたニュージーランドを代表する観光スポット

 

中でも人気なのがこのエメラルドグリーンの湖を見る

トンガリロ・アルパインクロッシング

 

20キロの距離を変わりゆく景色を見ながら歩きます。

多少ハードで体力が必要です。

 

Lake Tekapo 

f:id:shimpei28:20170310095456j:plain

 

f:id:shimpei28:20170310101937j:plain

 

世界で最も星空が綺麗に見える場所として認定されている

レイクテカポ。

 

ミルキーブルーの湖が広がるとても美しい場所です。

 

Queenstown  

f:id:shimpei28:20160910210512j:plain

f:id:shimpei28:20170310100941j:plain

ニュージーランドの南島を代表する街クイーンズタウン

 

女王が住むのにふさわしいと言われる山と湖の街。

人口2万人と小さい街だが自然のデカさに圧倒される。

 

Aoraki/Mount Cook National Park

f:id:shimpei28:20170310101501j:plain

 

f:id:shimpei28:20170310101558j:plain

 

世界遺産に認定されている国立公園

 

見たら圧倒される大自然が待ち構えてる。

フッカーバレーというトレッキングコースが有名だ。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

ニュージーランドにはまだまだ素敵なところがたくさん

あるので是非自分の目で見てきてください。

 

きっと素晴らしい自然が待ってますよ

 

 

 

shim28.hatenablog.com

 

 

shim28.hatenablog.com

 

 

 

 

最強の豚骨ラーメン きら星に行ってきた

こんにちは。

 

日本を出発するのに2週間を切ったので高校時代によく好んで食べていた

豚骨ラーメンを食しに行ってまいりました。

 

今回、訪れたラーメン屋は「きら星」というお店です。

 

僕自身ここのラーメンが大好きで15杯くらいは

食べたんじゃないかな〜っ感じです

 

実はここのお店は「東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー」

という有名な大会?的なもので豚骨部門で4連覇した東京を代表する名店。

 

そんなきら星のラーメンを食べに行ってきたので少しご紹介したいと思います。

 

ラーメンきら星

 

f:id:shimpei28:20170309223025j:plain

 

東京の武蔵境というところにあるラーメン屋です。

 

駅から歩いて5〜10分とアクセスは良好

あと、比較的に並ばずに食べられる名店です

 

店の外観はなんだかあまりパッとしないのが印象的ですね

中の様子が伺えないからちょっと入りずらいかも。

 

主なメニューはこんな感じです。

f:id:shimpei28:20170309222859j:plain

他にもありますがメニュー表の写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

僕は昔からよく食べていた「きら星風 熊本ラーメン」を注文

 

あと、セットでこのご飯も一緒に頼みました。

 

f:id:shimpei28:20170309222937j:plain

高校時代は麺特盛にチャーシューエッグごはんを平らげてましたが

さすがに今はキツイですね、、

  

f:id:shimpei28:20170309222931j:plain

各調味料はちょっとおしゃれに置いてありますね。

この黒い入れ物には何が入っているのでしょうか、、

  

f:id:shimpei28:20170309222943j:plain

キムチです。

ここのお店の自家製キムチが入ってます。これがなかなか美味

 

キムチを食べながら待っていると美味しそうな匂いと共にラーメンが

やってきました。

 

 

f:id:shimpei28:20170309222953j:plain

 

じゃん!1

 

分厚いチャーシューに大量のこがしニンニク

みるからに美味しそう。。

 

f:id:shimpei28:20170309223002j:plain

 

スープはかなりドロドロした感じでゴリッゴリの豚骨。

少しばかり豚骨臭が漂います

 

かなり好き嫌いがあると思いますが、

ゴリゴリの豚骨好きにはたまらないスープです。

 

f:id:shimpei28:20170309223018j:plain

 

麺は噛みごたえのある極太麺

超濃厚なスープとよく絡みまくって美味しいです。

 

ここでセットで頼んだチャーシューエッグごはんの登場

 

f:id:shimpei28:20170309223623j:plain

 

以外とボリュームもあって味も美味しくて大満足です。

この上に自家製キムチをのっけて食べると更にうまい

 

あっとゆうまに完食しました。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

好き嫌いは分かれるラーメンだとは思いますが東京の豚骨部門では代表格の

お店なのでよかったら食べに行ってみてください

 

きっと今まで食べたことのない味ですよ

 

ごちそうさまでした。

 

ramendb.supleks.jp